イノベーションで活躍する産業集団

メニュー

  • 会長挨拶
  • 事業内容
  • 県工連のあゆみ
  • 役員・委員会
  • ビジネス部会・研究会
  • リンク

熊本県工業連合会への入会のお知らせ

熊本県工業連合会とは?

外部リンク

  • くまもとエネルギービジネス推進協議会
  • セミコンフォレスト推進会議
  • 熊本県健康サービス産業協議会
  • 熊本県社会・システムITコンソーシアム
  • 熊本県発明協会

事業内容

目的

県内工業界の力を集結して共通課題の解決にあたり、
工業の振興とともに地域社会の発展に貢献することを目的としています。

主な事業

<経営基盤強化事業>

会員相互が最新情報を交換しながら、グループ活動(半導体、輸送機器、食品、環境、医療・福祉、バイオ、組込みシステム、Gamadas)を推進する。

産々連携、医工連携、農商工連携など新たな企業間連携を図り、一方でソーラーエネルギー産業への基盤構築、産業界の品質・生産性の向上のため、研修会を開催。

中国・インド・ブラジルをはじめとする新興国の動向に注目し、グローバルな視点での市場や生産拠点の情報を把握する為、研修会を開催。

海外とのビジネス連携の為、情報収集を図り海外視察を実施。

国内においては九州工業団体(事務局)連絡会議を中心に、大阪、名古屋、東京等の大都市圏とも交流を促進し、広域連携促進を図る。

<人材育成・教育訓練事業>

「経営者が率先して変革ヘチャレンジする」トップマネジメントセミナーや社員教育訓練については新入社員研修、中堅社員研修を実施。

優秀な人材の確保、若年層の定着化の為「若者から選ばれる魅力ある企業づくり」を目指し、産学官連携で取り組むキャリア教育推進へ協力。

インターンシップ等への協力や県内の大学、高専等と協賛して、技術力が目覚しい優秀な生徒の表彰等を行うことで、 若年層の技術力向上の掘り起こしを図る。

自動車関連の技能者を育成し、就職支援を行い、県内企業の技術力向上を支援する、中堅・若手技術者育成事業も行う。

<施策提言事業>

3つのフォレスト構想や4つの産業振興戦略等について、第一線で活動する企業の立場から、産業の振興について、県知事への施策提言を 行う。

行政施策との連携を円滑に進める為、施策提言内容をテーマに県幹部との意見交換会を開催する。

<産学官連携事業>

製造技術、生産管理技術の向上や、新製品、新分野開拓の為の技術開発を重視し、設計やデザインなどについても各研究機関との連携を図る。

県内の大学、高専等の実施する新製品開発や革新的な生産力向上を目指す各種セミナー、フォーラムに参加。技術交流を深める。

ソフトウェアの開発費が製造コストの半数を占めるようになり、ソフトウェアの機器制御を習得する必要性からセミナーや研修会を実施。

<販路開拓事業>

常設展示場の他、見本市等に参加して会員企業の製品を紹介する。広く関係機関を連携協力し、取引拡大に結びつく商談会等の機会を設ける。

<企業活力向上事業>

新製品の開発、品質・生産性の向上、職場環境の改善等により、製造業の技術力向上、経営の安定化及び社会的地位向上に著しく貢献した 企業に「工業大賞」を授与し、表彰する。受賞企業の活力向上に寄与し、地域産業の振興を図る。

 

過去の工業大賞受賞企業

今後の展望

向上意欲を保持し、他に誇れる技術を持って県内の工業界をリードできる企業をふやして地域経済の活性化を図る。

TOPに戻る